スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミニワン手帖パリ日記」其の二 観光名所編 

なんというか、まあ今回は初巴里でしたので一番初心者向コースを巡りました。
なので既にご覧になっていたり、そうでなくても綺麗な絵ハガキなどで十分見知っている所が多いので、まあそういう写真はあえてアップせずに・・・

否・東京タワー
「いかにもお決まりの構図じゃねーか」

う”、みに吉よ、お前も辛口なヤツよのぅ。




ま、まま、とりあえず行って来た各観光名所レポなど・・・。

ちなみに写真はルーブル・コンシェルジュリ・下水道博物館のものが主殿のD5000(←この日私が疲労の為にイチデジを放棄するという事件があった)、ベルサイユ、B・H・Vのものがわたくしの撮影でございます。

ルーブル美術館 (←ザ・王道)

絶えず人がいます
「オイラも座りたいぜ」

言わずと知れた有名美術館。 (←え、それだけ?)

ここは朝イチで訪れたのですが、いや、人気どころは朝イチに訪れるに限りますねぇ。
今回はとりあえず「モナリザ」だけを観る!位の気持ちでさらっと見学したので12時(それでも3時間近く居た)には外に出たのですが、その頃には入場するにも長蛇の列ができていました。
開場したばかりの時は別に並ぶこともなくすぐに入れたのですが・・・。

それでも「モナリザ」の辺りは結構混んでいました。
いやいや、しかし写真撮影の緩いこと・・・。フラッシュたきまくりなのもびっくりだったのですが、二人も学芸員(監視?)のにーちゃんが居るのに全然注意もせず二人で談笑しておりました。
注意してもきりがないからなのかもしれないけど。

座ってばかり

それにしても広い・・・でも結構座る所があったので休み休み歩けて良かったです。
でもこれも午後だったら座るところも一杯になっていたかもしれませんねぇ。

思ったよりもトイレがあった感じでした。




ヴェルサイユ宮殿

当初早起きが苦手な我が家ですので午後にでもゆっくり行こうと思っていたのですが時差のせいか妙に早起きになったことと私の疲労が結構たまって来て自力で行くよりはバスで運んで行ってもらった方が良かろうということになり、前日急遽バスツアーに申込みをしてバスで訪れました。

一人45€。8時半にルーブル美術館の前の広場に集合。なんとびっくりの満席状態。

一部分
            いや、だから何もこんなに広くしなくても

でもねー、これも大正解で。
やはり開場と同時に入り、見終わるのが11時半頃、という感じだったのですが、帰りがけ入場の方を見たらこんなですよ・・・

コレほんの一部

この列と同じ位の列がこの奥にもう二重位あるのですよー!!
この日は日曜だったので特に混んでいたそうですけど、これは辛い・・・。

ヴェルサイユにはトイレが少ない!と聞いていたので私達は入場後すぐに目についたこちらのトイレに入っていたのですが

何となく色っぽい

ここもだーれも居なくてお掃除の人とすれ違って入っただけあって超綺麗でペーパータオルもたっぷりで「ベルサイユのトイレ、いけてるじゃん」等とご機嫌だったのですが、この頃の入場だったらとんでもないことになっていたかも・・・個室も二つ位しかありませんでしたしね・・・。あなおそろしや・・・




コンシェルジュリ

どちらかというとノートルダム寺院の方が観光名所的なのでしょうけど・・・
ノートルダム寺院はとにかくまた混んでいたので今回は外観だけ。
ベルばら好きの我が家はアントワネットの最後の時期を味わうためにコンシェルジュリを見学しました。

ちなみに大体の美術館・博物館はミュージアムパスで入れます。
うちは2日券(30€)を購入。でも結局ベルサイユはツアーにしちゃったし、ちょっと損した計算かな。
ま、旅なんてこんなもんでしょ。


コンシェルジュリはやっぱり場所が場所だけに全体に陰鬱な感じ・・・
ちょっと閉所恐怖症気味のわたくし、息苦しゅうございました。

マリーさんのお部屋

独房でのマリ―アントワネットと

やっぱり・・・

それを見張る監視のにーちゃん二人。でもやっぱりカードをして遊んでいる・・・緩い・・・。

ちなみにコンシェルジュリに入る時にもセキュリティチェックがあるのですが何故か私も主殿も、そして入る人のほとんどが「ピーピー」警告音が鳴っていました。入口の人は「へーきへーき、いーから入っちゃって」と言っていたけど・・・あれ、意味あるのかしら?

何故あえてこの写真

コンシェルジュリのトイレ。個室二つ。数人の列あり。

・・・なんだ。トイレレポートみたいになってきたな・・・・




下水道博物館

やめてくれ
「お、おいら、この構図は撮って欲しくねーぜ」

フランス通の友人が訪れたという博物館。今回は初心者コースに絞るつもりだったので当初は行く予定じゃなかったのですが、かなりのトンネル好き・地下道好きの主殿の心の琴線に触れたようで「どうしても行ってみたい!」ということになり・・・。行ってみました♪

いや、何しろ本物の下水道を公開している博物館なので・・・リアルににほひます。

網が華奢なのよこれが

この網の下がホンモノの下水道ですの。

特ににほふ場所があって、私は走り出した位だったのですが、そこに限って通路が極セマ!!で。
しかも親子連れが談笑し、超スローペースで進んでいたため停留処置を喰らい・・・まさに冷や汗ダラダラ状態。にほひで冷や汗が出たのは初めての体験でした。

地下道好きの主殿にとってはかなり興味深い施設だったようですが、何しろ説明のほとんどはフランス語なので読めずに悔しそうでした。
パンフレットは英語を貰ったのですけどね。

おしいことにここのトイレには入るのを忘れました。悔しい・・・
ここでは売店に夢中になってしまって・・・。
友達が買ったのと同じ絵ハガキセットと下水道ペンを購入。
友達は売店のお姉さんにおまけを貰ったそうですけど、私はお兄さんだったのでおまけは貰えませんでした(笑)
おまけの代わりに無料でかかるという下水道電話の番号を貰いましたが・・・見るからにかけなそうな私になぜ渡す?仏語ほとんど話せてないじゃん!!

ちなみにこの下水道博物館はアルマ橋という橋の傍にあるのですが、対岸には・・・

もう既に10年以上・・・

かのダイアナ妃が事故で亡くなったアルマトンネルがあります。
この金色のオブジェはその追悼のものだとか。

このオブジェのあるアルマ広場からはエッフェル塔がとてもよく見えます。
本当はここでシェ・フランシスというカフェに寄りたかったのですけど、疲れていたのでそのまま帰りました。
とっても美味しいそうですよ。赤い店先が目印で直ぐに見つかります♪




B・H・V  (観光名所・・・ていうか・・・)

巴里版の東急ハンズみたいなデパート。
ここは絶対にいきたかったのですが・・・いや、初日に行ってしまって失敗しました。
何しろ初日で大興奮状態でしたので品物は目に入って来るものの、なんかもう目線が泳いでしまって泳いでしまってもう落ち着いて買い物できる状態じゃなくて・・・わかります?こういう状態

グッズはやはり

それでもとっても可愛いエプロンがあったので購入しました♪
色々買うつもりでいたのに結局エプロンだけ・・・。やっぱり持ち帰ることを考えるとなかなか買物は難しいです・・・。

こちらペット館もあるとのことで訪れましたが(写真の右の店舗)・・・こちらはイマイチでした。
んー、ペットグッズに関してはやっぱり日本が一番進んでいるのかな?という印象。

ペットグッズに関してはオペラ通りにある「ワッフ&ミャーウ」が内容充実でしたけど、こちら、日本人の経営するショップで。

でもねー、いろんな犬種のグッズもあったのですけど、なぜかパピヨングッズだけは無かったのですよねー。店の奥さんに「パピヨンは少ないんですか?」と聞いたらやっぱり少ないそうで・・・。

ワンコに関してはまた改めてアップしますけど、ホント、パピヨンは見なかった・・・
あ!!ファレンぽい子は一匹だけ見掛けたかな。




・・・しかし想定していた通りだけど、世界一のオサレ都市、おパリの旅行記だというのに私が手掛けるとどうしてこうもオサレに決まらないのであろうか。

ブログランキングの駐在妻系ブログでもパリ駐在妻ブログというのは圧倒的に数が多い。
これはもうどこをどう撮ってもオサレに決まるからブログを書かずにはいられないのであろうと思っていたがオサレなものを撮ってもオサレにならない人というのも居るものだということが今回痛感。

実は余りのモサ写真の量産に旅の後半、「帰国したら写真を習おう!」と真剣に思っていたのですが、まあ写真というのは元々のセンスというものがあるだろうし、そういうあいまいなモノの成長に時間とお銭を掛けるのであれば仏語に労を裂いた方がよかんべ、と早々にあきらめたという経緯がありました(←敵前逃亡)。

ま、そもそも私がイチデジデビューしたのはいねの写真を撮りたいってことだったし。
いねの笑顔が撮れればそれでいいというのが基本だったし。それは結構達成出来てる気がするし(←緩い)。

・・・あはは、なんかこういうことを含めて結構いろいろと考え、目覚めた旅でもあった訳ですよ。

いやぁー旅って、本当にいいものですね。



ママン、・・・だからアタクシの話題は?



同時に二つのことがこなせない単細胞アメーバ脳なのよ、ママンは

いネタ再開の為に旅行記早く済ませます(笑)
次回はこれまた少々残念なレポ?お食事編です

Comments

いやいや。いいでよ~。
綺麗な写真と、絶妙な旅日記です。
おサレはね、頑張れば、それっぽく作り上げれます。
けど、センスって違いますよね。
私は、nauさんのセンスが好きです( ´艸`)

話題盛りだくさんな中で、私の心にぐさっと来たのは、
2枚目。みに吉っちゃんが座りたがっている場所。
これは、あれですが。
ダヴィンチ・コードにあった、ピラミッド・・。

十分オサレな街並みの雰囲気、伝わってきましたよ!
いい写真じゃないですか~。
若干オサレをスポイルしてるとしたら、それは「トイレ」と言う単語ではないでしょうか・・・(笑)

鼻息荒く、一気読みです~~(笑)
えええ~~?!モナリザの監視員の人達、そんなに緩かったんですか~?!
私達の時はフラッシュたいたら『non!non!』って、
めちゃめちゃ怒る怖いマダムが、目を光らせてました。
それでもピカピカさせてた外人さんがいたけど・・・。
ホントはフラッシュの光は絵を傷めるから、止めて欲しいんですけどねぇv-356

ルーブル以外は、行った事ない所ばっかりで、
ほんと楽しく拝見させていただきました♪♪
下水道博物館ってのは、初めて聞いたなぁ。
それにしても、下に本物の下水道があるなんて、斬新な発想だ(^▽^;)

ちょっと遅くなりましたが・・・お帰りなさい~v-222
いねちゃんもお留守番立派ですね。

nauさんの旅のレポートは、素人目線で分かりやすくて、すっごく楽しいです
・・・ってフランス気分でいましたら、窓の外笛と太鼓が~
夏祭りの御神輿がトラックに乗って走って行きましたv-356
やっぱり此処はニッポンだ!

  • [2009/07/19 09:16]
  • URL |
  • ファリママ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

コンシェルジュリ

nau様
いやあ、やっぱり食いついちゃいますねぇ~。
独房のアントワネットですか? 
フェルゼンが会いに来たんでしたっけ?(オスカルとアンドレが絡まないところの記憶がいまいち曖昧で・・・。)
nauさんの観光スポット、ツボです、私。
ウレシイ

  • [2009/07/19 09:26]
  • URL |
  • かおりん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

v-286りいさま

ありがとうございます~
もうこれからは迷いなく、見たままをそのまま伝える熱い写真を撮っていきます!!アタシ!!

あ、そうそう、これ、「ダヴィンチ・コード」で出てた逆ピラミッドだそうですよ。
本館からはちと歩くので、私はいやいや行ったのですがやっぱり見て良かったです♪
でもねー、もう人が絶え間なくこうして写真を撮っているので(←お前もだ)、ピラミッドを「お堪能」する感じではありませんでした。

v-286takさま

あはは~確かに常に話題に持ち上げてしまうことに「トイレ」がある以上、うっふん♪ウットリ系オサレブログにはなりえませんね~(笑)

でもでもでも!!人間である以上絶対に必要不可欠なことだと思うんですよねぇ。
なのでハズカシゲも無く話題に出してしまふのですが・・・だってだってだってどんな美女だって美男だって・・・

・・・これ以上は語りませんが(^^;

v-286RUUさん

もう監視のにーちゃん達なんかゆるゆるでしたよぉ~。私が注意したくなる位でした(苦笑)

下水道博物館は結構「ツウ」っぽいですよね。何しろ通の友達から教えても貰いました~♪
次回は是非!!あ、タオル持参をお忘れなく(笑)

ここねぇ、本物の下水道だけあってたまに天井からポタポタと謎の「汁」が垂れていたりするのです~。
それをよけつつ(かかりたくない!)なかなかスリリングな数十分でした。

v-286ファリママさま

ただいまです♪

なんかもとの下町生活に戻ってみるとあの一週間はまことの出来事だったのかと疑いたくなりますね(^^;
それ位「異次元?」な体験でした。

お預けから帰って来て数日はムスッととしていたいねですが、やっとここ数日で元の笑顔を見せてくれるようになってきました・・・どんだけ楽しかったんだ・・・(涙)

v-286かおりんさま

えっとたしかここにはフェルゼンじゃなくてオスカルのパパさんのジャルジェ将軍がロザリーにこっそり案内されて会いに来るのですよ。そして最後の逃亡計画を提案するですよ。
でも既に一回逃亡に失敗していた王妃はここで死を待つことを選ぶ訳ですわ~・・・

いやしかしフィクション部分も多かったと思いますがベルばらってやっぱり凄い一大ストーリーですよねぇ・・・。中学の頃再放送にはまったなぁ・・・

それにしても監視のにーちゃん達・・・カードで遊んでないで・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1242-a1e9ab23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。