スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミニワン手帖パリ日記」 其の三 食べ物編 

・・・暑い。そして熱帯夜・・・

昼間のエアコンは大好きだけどねている間のエアコンは嫌い(わがまま)なわたくし。
今までベッドの下半分の分野に、そしてシーツ、ベッドパッドの下に敷いていたジェルマット、朝までクールを腹の真ん中の分野、そしてシーツの下に下剋上させ、ひんやり気分で寝たものの、

確かに最初は快適

今朝ものの見事に腹の痛さ(←冷えすぎた)で目覚めるという、大変不快な目覚めを体験したnauでございます。
やっぱりこれ、「冷えすぎクール」って改名した方がいいのでは・・・(汗)




さて。

珍しく食物ネタで1エントリーかますnau。
余り食べ物に関心が無く(去年の薬物大量摂取時には異常な食欲っぷりを公開しておりましたが)、3つの目ば一食分になるという薬でもあればそれと水で生きていける位のわたくしなのでございますが・・・

いや、こんな私が唸る位、嫌というほど食べ物が美味しかった恐るべし国、おフランス!!

これもいける
「結構うまそーじゃねーか」

機内食も結構美味しかったのですよ。ま、これはもうハイな気分で食べていたのでそれもあったのかもしれませんが(笑)

計画段階からそんなに美味しいどころ巡り的な場所は盛り込まなかったので、ほとんどがビストロとかカフェランチ位なものだったのですけど、どこも「ハイハイ参りました!!」という位美味しくて・・・。
ファーストフードのクイックですら、頼んだサラダにはチーズがタップリ入っていて気合いの入った一皿でした。

余りにも美味で喰うのに集中していた私達ですので写真がイマイチ少ないのですが、それでもがんばって撮ったおさしんなどうpしつつ・・・




仏語教室で隣り合わせた若マダムがGWに渡仏した折に利用してとても良かったですよー♪とおっさっていたルーブル美術館内にある「カフェ・マルリー」
あのピラミッドを眺めながらごはんや茶を頂けます。

ここオサレ

半テラスみたいなお店です。冬は寒いかな?
ぐるなびでは要正装とありますが・・・別に(笑)
ぐるなびでは予約をすすめる、とありますが・・・別に(笑)

それでもまあ雰囲気から小奇麗な格好の方がなんとなく寛げる感じかも。

美術館内のカフェなんてまあ割高でそう美味いものでも無かろうと思っていたのですが・・・

うまいのなんの
ここで主殿はタルタルステーキを。わたくしはクラブサンドを注文。

いや、確かに割高なお値段ではあるのですが、味はうまいのなんのって。
量もしっかりあって付け合わせのパンが食べられないほど!
(しかしなぜサンドイッチだというのに付け合わせにパンが・・・?)

うーむ、参った!!

ちなみにここ、ガイドでは英語メニューもあるとあったのですがありませんでした。
英語は通じますがメニューが仏語尽くしなので、行く場合は少しぐるなびのメニューを眺めておくと選ぶのが楽かと思います。




日曜日は大体のお店が閉まっていまいますが、チェーン店系は開いているそうです。予約も必要なくさらっと入れるし、メニューに写真も多く、旅行者には頼もしい限り。

日曜、ベルサイユから帰って来てからランチに行った先が、これまた友人が行っていたムール貝のお店「レオン・ド・ブリュッセル」

だからうますぎだってば

鍋一杯のムール貝がどっかーんとやってきます。本当はこれで一人分らしいのですが、うちは二人で一つの鍋を注文。
あとはサラダと飲み物をそれぞれ。
鍋一つでデザート一つもセットになっています。
後なぜか山盛りのポテトまで!!

ムール貝を食べ終わった後はそのスープにパンを浸して食べるのもこれまた美味!
スタンダードにバター塩味を頼んだのですが、いやぁ、うまかった!!

もうこれでお腹一杯!!

・・・でも隣のアベック(←仏風に・笑)はにーちゃんがこの鍋一つ、そしてねーちゃんがこの鍋よりさらに大きな鍋を頼んでいました・・・す、凄過ぎです。

ちなみにこの日の夕食もチェーン店「ビストロ・ロマン」で。
ホテルの目の前にありました。イタリア料理系のチェーン店だから、日本で言うサイゼリアみたいな感じでしょうか。

ここで私は野菜のトマト煮の上に焼いた白身魚を乗せた一皿を頼み、主殿は・・・なんだろう、薄切りにした肉のプレートのようなものを注文。
肉のプレートはお代わり自由のようで主殿も2皿、うしろにいたねーちゃんは3皿食べておりました。

とても気楽なお店でよかったです。一人の人も結構居ました。




ちょっと前エントリーで書きましたが、ツアーでおまけについていたカフェクーポンで行ったお店がオペラ座前の「カフェ・ド・ラ・ペ」

お茶とケーキが無料サービスとあったのですが、特にケーキが食べたかった訳でもなく、タダ券だからなんか悪いし、と思って私は飲み物だけを頼んだのですが、給仕のにーちゃんが「飲み物二つにデザート一つ・・・?おいおい、お前、正気か?!いいから喰っとけよ!!」と(笑)

ま、喰ってよかった

ミルフィーユを持って来ました(^^; でもこれまた美味しいミルフィーユで。
喰ってよかったです。にーちゃんありがとう。

ここで茶をしていたら巴里祭の行進の人達が沢山目の前を通って行くのが見られました。
シャンゼリゼ大通りから行進しているのでしょうか、この日はとても暑かったのもあると思いますが、とてもだるそうに歩いていました(笑)

そして終了地点が近かったのかな?行進を終えたと思しき人達が携帯で話したりたばこを吸いながら戻ってくる様子がなんか新鮮でした。




ただ、旅行中一回くらいはちょっとしたお店で食べてみたいという興味もあったので。
最終日のランチはモンパルナスタワー56階にある「ル・シエル・ド・パリ」を予約して行ってきました。

絶景かな絶景かな
欧州で一番高い位置にあるレストランですって。

ちなみにここ翌日の巴里祭のデナーは一人200€!!
でも・・・ここからエッフェル塔の花火は最高だろうなぁ?

さすがに最終日だったということもあるのでしょうが・・・ここが一番仏語が通じた感じがあった気がします。
あ、でも英語通じます。

ここもぐるなびでは要正装とありますが・・・一応この日は午前中ブランド街などを歩いたりする日として二人ともジャケット等を羽織っていたのですけど・・・そんな人は居なかったorz
外人の家族連れが多かった印象ですが、みんなラフなショートパンツとか、そんな感じ。
ま、かといって逆パターンだと余計居たたまれないだろうし。
服装って難しいですねぇ・・・

ランチではお得な25ユーロセットというのがあります。
2品とコーヒーがつくのですがそれで充分な量!パンも付くのでお腹一杯。
お皿がなんか波波していてオサレでした。

ワインも薦められたのですが下戸なのでペリエを追加で注文。
この旅行中一体どれだけペリエを飲んだのやら・・・
でもあれですね、欧州、特にフランスで下戸というのはかなり損!




このモンパルナスタワーからの眺めもいいのですが、モンパルナス自体はちょこっと中心部からは外れております。
中心部で「絶景かな」を味わえるといったら是非ここをお勧めしたい!というのがプランタンの屋上!!

どーよ
「いや、絶景かな、絶景かな」

プランタン9階の「ル・デリ・シュー」
ビュッフェ式の気軽食堂です。
とにかく眺めが最高!!・・・ちょっと手すり部分のガラスが頼りない感じもしましたが

寿司ウマー

デパ屋といえどもなかなかの凝った総菜達です。
トマトトモッツアレラチーズなんて、オサレじゃないですかー!!
メロンに生ハムなんて・・・レストランで食べるよりガッツリ食べられました。スイカの如く・・・




番外編

今回料理レシピ本でとても可愛いと評判のシリーズを買ってくるのが楽しみの一つでした。
それがこちら。

かばええ

正方形っていうのがまた萌えますよね♪
7€弱。本当はもっと買いたかったのですけど、これ、ハードカバーだから結構一冊が重くて・・・。
とりあえず一冊だけ買ってきました。
ちなみに下に敷いている赤い布がB・H・Vで買ったエプロンです。
ステッチ萌え?♪

日曜日のベルサイユツアーでは女子の憧れ「パリのマルシェ」見学もありました。
いや、アタシはね、いわゆる「暮らすようなパリ※憧れのアパルトマンで過ごす」といった謳い文句に憧れたことって一度もないのですよ。

いや、だってさ、アータ、

「何で旅先でまで家事をしなきゃいけないのさ?!」  と。

(もうとことんdame女)

でもねー、今回マルシェを見て確かにちっとやってみたくなりましたね。

超、かばええ

なんかもう野菜にしろお肉にしろ缶詰めにしろ瓶詰にしろ、なんでもとにかく可愛くて・・・
確かにこんな食材を買い込んで食事の支度、とか、いいかもねーなんて。

ま、このマルシェでは食材以上に私のハートにズキュンときたものがあったのですけどね。

ふふふ、それこそ次回の超・力みまくりエントリー、わんこ編に続きます(笑)


いね編には続きませんの・・・?



アメーバ脳だからさ・・・許せ。

Comments

そうそう!もうパリはいちいち食べ物が美味しいですよね(笑)
キヨスクで買ったサンドイッチですら、
美味しかったのが衝撃的でした。

仰る通り冬のカフェマルリーは、とっても寒いデス(笑)
私達は食事はせず、休憩にカフェオレだけ頼んだんですが、
それはそれは暖かくて、美味しかったなぁ。
あの店、予約・正装をお薦めしてたんですね(^▽^;)知らなかった。

フランス人って、何であんなにムール貝好きなんですかね(笑)
みんな、バケツみたいな容器に山盛り食べてて、
ビックリですよねv-356

もう最近、nauさんの旅行記を拝見する度に、
自分達が行った時の写真を見直してしまいます(笑)

ミルフィーユ、めっさ美味しそう。
さくさくしてるぅって、写真がものがたってますよ。

パリの街並みも、おっしゃれー。
単純でお恥ずかしいのですが、某パンやさんの紙袋を思い出しました。

外国の方が観光でこられたら、日本も感激してもらえるのでしょうかね?

続きを楽しみにしてまーす。

  • [2009/07/19 22:33]
  • URL |
  • ははまめ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

おー!食べ物にしか反応できない私ですみません。
そして、倶楽部三度(何この変換)の横に盛られたポテチが
気になって気になって仕方がなくってすみません。
フランスのポテチは美味しいの!?(質問それかよ)
食べ物が美味しいって旅行において非常に重要ですよね。
昔イタリアに行ったときも「何でこんなに何もかんも美味いんや!!」と
ビックリしましたがフランスのお食事も美味しそう!!
雑誌とかって「要正装」って過剰に書いている気が・・・。
ニュージーで雑誌で「要正装」だった店にハーフパンツとつっかけで
入ったけど(最悪や)全く問題なしでした(多分)。
あ、フランスのお寿司はウマかとですか。奇抜なネタとかあったでしょう?
うーん、通訳できる人を連れてなら(ジェスチャーで乗り切る自信なし)
行ってみたいなあー、フランス。
あ、今更ですがリンクさせて頂いてよろしいですか?

おかえりなさ~い!!!
しばらく訪問しない間に訪仏してらしたのですね^^
写真を撮ろうとすると楽しめないってありますよね。
我が家も子供たちの運動会やらお遊戯会やらをカメラやビデオに収めようとするとその場を楽しめていなかったり^^;
それでも、さすがnauさん、素敵な写真がた~くさん^^
ほんとお元気でめいっぱい楽しまれたようでよかったよかった^^

わたしも昨夜から冷えすぎクールを使い始めました。
接地面が冷え冷え^^;

  • [2009/07/20 11:49]
  • URL |
  • デンドン
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

其の一、其の二、其の三と、毎回読み応えのある記事が続きますね~!(^^)!
私が、おフランスに行ったのは、たしか…、もう2ケタ前になります(記憶もおぼろ)
料理は、もちろんみんな美味しかったんですが、特に熱々のスフレが記憶に残ってます(その時はショーゲキだった)
でも、どんな風に美味しかったのかは覚えてないんですよ~笑
そして、いよいよ其の四にいくんですね♪
楽しみに待ってま~す♪♪

  • [2009/07/20 16:09]
  • URL |
  • ちゃちゃちゃまる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

勇気がナイ

nau様
美味しそうな報告ありがとうございます。
こういうレストランって、やっぱりフランス語や英語が出来ないとオーダーしづらいんでしょうか?
すごくうらやましいんですけど、言葉に不自由な私としては、何か気後れしちゃって・・・。
「ちゃんとここのシステムに合っているのかしら?」とかドキドキしそう。

あ、逆に言葉がわからないんだから間違えちゃっても仕方ないわよね!?
くらいの気持ちでおしまくる手もあるかな?

  • [2009/07/20 17:45]
  • URL |
  • かおりん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

v-286RUUさま

やっぱり寒いですよね、テラス席だと・・・でもピラミッド見ながらのお茶はおつなものですよね♪

全然関係ありませんが私はどうしても「ムール貝」を「ルーム貝」と言ってしまう癖があって・・・。いまだに「あれ?こっちで良いんだよね?」といちいち確認しないと間違えてしまいます・・・間違えていたら「部屋貝かよ!」と突っ込みを入れて下さい~

でもそういう「何年経ってもどうしても間違えてしまう」単語とか漢字ってありませんか?!

v-286ははまめさま

ミルフィーユ、本当にサクサクでした!!兄ちゃんに感謝です!

巴里の街並みの徹底具合には本当にうっとりしました。
工事中の建物もありましたが周囲と同じような仕上がりにするのでしょうね・・・
古い街並みってもう絶対に同じものは出来ない訳ですからもう少し日本も大切にしてくれば良かったのに・・・ともったいなく思います。

古い建物は気密性とか耐震性とか、そういうのがどうしてもお撮ってしまうのでしょうけど・・・こう、なんというか表面だけ上手く残して、中だけ近代的に建て直すとか、そういう技術って無いものなのでしょうかね・・・?

v-286フジウラさま

残酷なことを書きますが・・・

ええ、美味かったですよ、おフランス・ポテチ、超・美味かったです!

でも日本のポテチとはちょっと違ってたかな?ちょっと厚めで塩が効いていないのです。なので本当にジャガイモという感じで・・・私的には共食いしている感覚でしょうか・・・。

プランタンでぱ屋寿司、なかなかのものでした。
何にしても唸ってしまうあの美味さは一体何なのでしょうね~この私が旨い美味いを連呼するのですからもう相当なもんかと。

ちなみに言葉はジェスチャー&いくつかのお決まりの言葉で十分のような気がしました・・・ええ、わたくしの1年半の努力はハッキリ言ってほとんど役に立たなかったといえます(号泣)

あ、リンク、大変うれしゅうございますー♪
大好きなゆめ父さんゆめちゃんブログにリンクして頂けるなんて光栄で―す♪

v-286デンドンさま

どうしても「あ!カメラカメラ!!」ってなっちゃいますよねー。

今度もし行けることになったら「カメラを持たない日」を一日でも作るようにしたいものです。
いや、私自身はカメラを放棄した日があったのですが・・。やっぱり夫が持っていたので「あ!ほら!あれ撮って!!」とか、結局そんな感じ。

カメラを持たずに自分が楽しむ旅・・・今の私にとってはとーっても贅沢な旅です~♪
是非是非次回・・・あってくれぃ!!

冷え冷えマットはやっぱり厚めのシーツかベッドパットの下じゃないと冷え過ぎますよねv-356
ま、冷えるのはありがたいんですけど・・・。

v-286ちゃちゃまるさま

んふー♪ついに其の四、うpしました!
どうかご覧下さい♪
ええ、もう文章などすっ飛ばして結構ですので写真だけ堪能して下さい!!

私もふた桁前にイタリアに行ったことがありましたが・・・通貨リラでした(笑)
今の若い子なんかリラとかフラン、知らないですよね~アチャー

v-286かおりんさま

いや、なんかね、本当に極端な話、「ボンジュール」「オーヴォワ」「メルシー」「ラデシション」「シルヴプレ」・・・が言えればそれで結構いけてしまうんじゃないかという印象でしたよ。

今はネットでメニューなども見られますからそれで予習して大体これが食べたい、と見当をつけておいて、メニューを指さして頼めば大丈夫ですよー。

で、「ラディション(お会計)、シルヴプレ」と伝えてテーブルで会計・・・。

いや、もうなんかね、本当に1,000円(もしダ○ソーにあったとしたら105円、CDをつけても210円だ・・・)位の旅行会話集を覚えた方がましだったんじゃねーか?と思う位のわたくしの「語学力」でした(号泣)

ま、その辺のお話は最終うpで・・・(まだ続くんかい!)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1243-e5f58ebf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。