スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲子ママに会う・・・(写真改め) 

今日はふらりと八百屋に向かいましたら土砂降りの雨に襲われました。
うーん、私は割と曇り女なのですけどね。
間が悪すぎたわ・・・

しかしこんな天気だといねの散歩が困るのですよね。




ま、雨の日はしょうがないので創作活動などブスブス・・・

一大力作がお完成いたしました。

こちら。

少々怖い

・・・先日アップした子たち。
そう、「理想の姿」・・・いねとそのパピーの図です(号泣)

いねはもう一年目に手術をしておりますので、もうこの姿は望めません。
飼い主の勝手で手術をしておいて「この図」を見たいなんて勝手な!というご意見もあるかと思いますが・・・。

ただ手術に関しては絶対にするつもりでしたし、本当にパピーを産ませる、ということは考えていませんでした。
というのも、ちょっと重い話になっちゃいますが・・・。

例えば一回は出産を味あわせてあげたかった、と思わないでも無いのですが、たとえば3匹出産したとして1匹は手元に、そして2匹は新たな飼い主を捜すとしますよね。
勿論絶対にいい飼い主さんを見つけてその幸せを見届ける自信はあるのですよ。

でもね。

その子、つまりいねにとって孫の代、ひ孫の代までになったとしたら・・・?
そしてその私の目の届かない代になった時に酷い人に貰われたり、捨てられたりする目に遭うような子が出たとしたら・・・。
いねの遺伝子を持つ子が雨の中路頭に迷ったり、保健所の折の中で泣いている姿など絶対に想像もしたくないです。

おちり

でも現状、日本の法律は動物に関しては極めて「お寛大」であります。
上記のような展開が有り得ない、とは言えません、というか有り得る方が可能性としては高い気もします。

だとしたらいねはいねの代で。
そしていねが産めたかもしれないパピー達の分もいねを愛して、出産の経験には敵わないまでもいねの人生を充実させよう!とそういう風に考えています。

勿論賛否両論あると思いますが・・・私はそんな風に考えていねの手術を決めました。

・・・それでも。

こういう姿を夢見る位は許して頂きたいな、と。

模様同じ

久しぶりにいねのパピーの頃の写真を一杯見ました。
チビたんだったな?・・・本当によくもここまで立派な「稲子」になってくれたもので。
しみじみとしながら作りました(苦笑)

ミニワン作りって実はとても凄い素敵なことかも、なんて思ったりして。
絶対に見ることが出来ないパピーちゃんにも会えるんですから・・・!!

ちなみにこのことを母にメールしましたら・・・

「いねちゃんが母犬になる姿って想像できないねぇ。赤ちゃんのおもちゃくわえて走り去っていきそうだ」 

ですと。 ふーむむむ。

懐かしのハゲハゲ期

「まぁ、ちょっと、それアタクシのおもちゃですわよ」

・・・・た、確かにその姿の方が簡単に想像出来るな


ママンがパピーシッターになって下さるのでしょ?

稲子ママでもプチいねでも。お一つペチッと♪ 

    ・・・や、やっぱりそうなの?! 


動物に関してはもっと法律を厳しくしてほしいものです・・・。
そういえば選挙が始まりましたね?。
しかしどうにも国民が大事にされるのは選挙の時期だけのような気がしてならないのは私だけかしら?

Comments

そうですよねぇ・・・避妊・去勢の問題は、人それぞれなので
難しい問題だけど、
我が家の場合デコラは雑種だから、
子孫を残すっていう発想は元々なかったなぁ。
でもやっぱり時々、もしデコラが子供を産んでたら・・・って
頭をよぎりますよ~。
ただね、お父さんは何犬にするべきか分からないから、
どんな子が生まれるのか全く想像できないけど(笑)

その点純血種のワンコ達は、飼主さんの心情的にもっと複雑なんだろうな。
でもやっぱり、命には責任を持たなきゃいけないから、
産ませるからには覚悟も必要だし・・・。
う~~ん・・やっぱり複雑な問題だ(^▽^;)

でもミニワン作りで、こんなにイマジネーションが湧いてくるなんて
なかなか奥が深い・・・。

女の子を飼うと、絶対悩みますね~
獣医さんも両方の考え方の方がいますよね。
私は産ませたい派でしたが、お相手探しにあーでもこーでもしているうちに、メイも年をとり、パテラの事を考えると、避妊してよかったんだなと思います。

それにしても、かわいい親子i-178
そして、いねちゃんとの2ショットが最高です!

カワイイわが子のカワイイ子。
飼い主としては、夢見るものですよね~。
でも私の場合、何故かその気持ちはまったく湧いてきませんでした。
他所のオトコに取られたくない、父親的心理なのかも?(笑)

ダメだ…。わたくし大号泣でございます(;д;)
nauさん!夢を見るのは自由ですもの。
羊毛ミニワン王国で稲子ママとパピーたんの
「理想の姿」を作り出せるなんて本当に素敵なことだと思います。
不器用なわたしには夢のまた夢(泣)

↓パリ日記。
何度も堪能させてもらってます( ´ー`)ノ
おそくなってしまいましたが、
おかえりなさいnauさん。

v-286RUUさま

世の中が動物に対してしっかりしていたら安心して産ませられるのですけど・・・やっぱり動物に対してこういう状況だと、怖いなって。
私の周囲のワンコは勿論みんなすごく愛されて幸せすぎるだろう!おまえ!みたいなコばっかりなのですけど(笑)

作っている間、ホント色々考えちゃいました。
ミニワン作り、奥が深いです~!!

v-286メイママさま

一回は・・・とも考えたのですけど、やっぱり↑のように「もしいねの遺伝子を持つ子が不幸になったら」って考えたら踏みきれませんでした。

それにもしいねの子を一匹引き取るような展開になるのであれば、犬を飼おうと決めた頃の最初の願いだった保護犬を一匹引き取る方が現状、わんこ全体にとってはいいことなのかもしれないかな、って。

ま、今となっては絶対に子育てしなそうないねを見るにつけ、ああ、やはり産ませないで良かったと思ったりして(苦笑)ウチは絶対にアタシが全部面倒見ることになるんだから!ブリンだってそうだったし!!

v-286takさま

これ、面白い考え方の違いですよね。
うちの夫もそんなことを言っていたんです!!
うーん、やっぱり殿方とは考え方って微妙に違うものなのですね。
うんうん、娘をとられる父の気持ちかぁ~!!
・・・確かに普段「いねっぷ♪いねっぷぅ~♪」と溺愛している様子を見るとそう思わずにいられませんわ・・・

v-286LOVINさま

ただいまです♪
いやしかし自分が巴里にいたなんてなんかもう信じられないような日常な昨今ですよ(笑)

尻まみれ巴里日記お楽しみいただけたでしょうか?!
巴里は本当にわんこが一杯で、幸せな時間を過ごせました。
でもパピヨンが居なかったのがやはり残念~!!
次回は是非パピヨンを発掘したく・・・って、次回はいつになるんだろう?!

うーん、帰りの「我慢大会」がすごく辛かったので、しばらくは行かなそうです。あ!ビジネスクラスに乗れるならすぐ行きたいですけどッ!!

↑こんなこと言ったら永遠に無理

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1247-f9d3e59a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。