スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いねの自立力 

最近出かけようとすると小雨がぱらつき、なかなかいねの散歩に行けませんでした。

今日はやっとそのタイミングを見計らってお散歩&帰国以来初めてのお預けカヘでお茶してきました。

ふぬぅ・・・
「はしゃいじゃいましたわ」

いね大喜びです(苦笑)

今日はいねお預け中に撮ったという動画を見せて頂きました。

動画の中のいねは広々した緑の中を楽しそうに走り回っているのですが、意外なことにちゃんと他の数匹のお仲間わんこ達とそれなりの秩序を守って行動していたんです。
「アタクシ」主義のKYっ子だと思っていたのに・・・ちょっと意外でした。

なんか・・・その動画を観ていたら、「ああ、もういねの自立力は大丈夫」とホロリとしてしまいました。

・・・いや、なんというかね。

いねを飼い始めた時、私はとにかくいねが生涯路頭に迷うようなことにだけはさせまい、と誓ったのですよ。
あ、勿論いねを看取るまでちゃんと面倒を見るつもりでいますよ!!

でもね!!

でもこんなご時世、いつ何時命を失うか全く分からないじゃないですか。それでなくてもたとえば私達夫婦が車で出掛けた時に事故に遭って同時に帰らぬ人となる確率は0じゃない訳です。

そんな時、残されたいねをみて「こんなにいい子ならうちで貰いたい」と言って貰えるような子・・・私はいねをそういう子にしようと心に決めたんです。

お風呂は苦手
「アタクシ、いい子に決まってますでしょ」

なのでうちに来てひと月もしない頃から数時間ずつお預けを体験させ、それも一か所じゃなくカヘと獣医さんを交互に利用したりして、とにかく色々な環境でも抵抗なく過ごせるような癖をつけるようにしてきました。

生来の気質もあったことが大きいと思いますが、ありがたいことにいねは環境の変化を、むしろ楽しむくらいの強い子に育ってくれました。

その代りに飼い主である私に対しての愛情がイマイチ薄いという哀しい一面も持っているのですけど(号泣)、それでも昨年の私の入院時など、もし私におんりーらぶだったとしたらさぞかしいねも辛い5週間を送ったことになったでしょう。

幸か不幸か私への愛がイマイチなことがあの時期、いねが余計なストレスを感じないでいられた大きな要素になったのだと思います。 (←というか半分病院の看板犬状態にまでなっていた)

まあ私の一抹の寂しさよりもいねの楽しい時間の方が大事。
いねの持ち時間は何しろ短いのですから!!
一日のストレスだって人間にしたら1週間分のストレスですものね。

でもお風呂は嫌いなのですのよ
「アタクシ、旅犬になれそう」

ただいねはひとりっ子気質が強いので行った先で「なんじゃこいつ」とドン引きされるようなことになってしまっては困るなぁ・・・というのがここしばらくの懸念事項ではあったのですけど・・・

今日の動画の様子を観ていたら・・・ちゃんといねなりに犬社会のルールのようなものを読めるようになっていたみたいです。

コレも全ていつもお預けしているカヘのスタッフさんとワンズ達の教育の賜物で、まあ私の努力では無いのですけど

そんな展開になっては困るしなりくありませんが(笑)、「もしいねちゃんが一人残されるようなことになったらうちで引き取りますよ?」とおっさって下さる方もいらしたりして(^^;

ああ、なんか子育てが一段落したなぁ?・・・なんて、思わず遠い眼をしてしまった本日のわたくしなのであります。

でも勿論いねの最後を看取るまで、頑張って生きないといけないです。
というか絶対に頑張って生きていきたい!!




・・・今日のニュースで私とほとんど歳の変わらない川村カオリさんが亡くなられたと伝えられました。

事故等もそうですけど、生身の人間である以上、いつどうなるか全く分からないものです。
私も去年嫌というほどそれを感じさせられました。

どうしても抵抗出来ない展開も、もしかしたらあるのかもしれません。
でもどういう時でも絶対にそれに屈しないでなんとかその中で最善の道を選んで生きていこうと改めて強く思った今日なのでありました。

川村カオリさんのご冥福を心よりお祈りいたします。合掌。

Comments

たくましいわが子に抱く、複雑な気持ち・・・
わかります、わかります。
飼い主が居なくてもケロっとしてると、寂しいものがありますよね~。(笑)

護るべきもの達

nau様
そうですよねー、学生の頃なんて自分の命は自分だけのもので、
「たとえ何かあっても自分さえ毎日悔いなく生きていれば大丈夫!」
くらいな勢いで過ごしていたのですけど、
こうやって、守ってやりたい存在ができてしまうと、「このこのためにも、生きたい!」って、思うようになりました。

川村カオリさん、小さなお嬢さんを残しての旅立ち。その心を思うとつらくなります。
私もご冥福を祈りたいです。
合掌

  • [2009/07/29 13:21]
  • URL |
  • かおりん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

v-286takさま

お預けの時なんか、スタッフさんにお渡しして「じゃあね」と私が踵を返してドアを出ようとした所で振り返ってみた時にはもう既にスタッフさんに「さ!何をして遊んで下さるの?!」と尻尾ブンブンなのです(号泣)

・・・いや、いいんです、いいんです。「いやっ!!ママン!!行かないで!アタクシを置いて行かないで!!」といねが泣き崩れる姿など見たくありません~・・・ええ、見たくありませんとも、見たくありませんもの・・・!!

・・・と言い聞かせていますv-406 ホントハミタイサ・・・

v-286かおりんさま

そうなんですよねー、守るべきものが出来ていくと自分の命とか健康が自分だけのものじゃなくなっていきますよね。

でもまたそれが頑張れる原動力にもなるっていうのもあるんですよね。
去年の入院中本当にもう気持ちが不安定になってやけになりそうな時もあったのですけど、やっぱりいねのことを思うと「なんとかして家に帰らないと!ちゃんとしないと!」って自分を制する気持ちになりましたもの・・・。

乳がん、最近とても気になる病気ですよね。
近しい方で患った方は居ないのですが、それでも女性の20人に一人が掛るといわれているそうで。
本当に病気だけは「まさか自分が」といういやな展開を見せるものですから・・・。
がん検診もこれからは自主的に受けようと思っている所です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1249-e7dfa93e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。