スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょっぱいお顔・お初のダルメシアン 

今まで作った中で一番手間のかかる子でした(苦笑)

しょっぱ!!

ダルメシアンですね。

今回初めて笑顔じゃなくて「しょっぱい」お顔にしてみました。

最近口元のタフタフを作るのがマイブームでして。
この子も思いっきりタフタフさせよう?♪と張り切ったらとんでもない位「たふ?ん」となってしまって
口元に鋏を入れるという手術をする羽目になりました・・・ごめんね!!

ちなみにこの子の首元の「筋っぽい」感じも・・・また萌え。

萌え

いやしかしこの白黒のぶちは想像以上に手間がかかりました?
最初白地で作って、後から黒ぶちを入れたのですけど、白地に部分に黒い羊毛のアホ毛が混じるので・・・もうそのアホ毛は毛抜きで一本一本取って行きました・・・orz

で、今回またお初のものに挑戦したのですが、それがこれ。

なんといいますか?

チョッキ ですね。

やーね
「あれ、ヤングは『ベスト』って云いますのよ」 

「ほほう」

いいんだよ チョッキだろうがコール天だろうがトックリだろうが!!

これね、普通の犬服みたいに「前とじ」にしてしまうとミニワンは着られないのですよね。
ほら、ミニワンは基本固定の形だから。
みに吉は割と動く方だったけど、それでも関節可動域は極めて狭いゆえ。

赤いチェック萌え

なのでこんな風に脱ぎ着出来るようにしました。

何が役に立つかわかりません

片方の肩と脇部分で留めるような形にすれば着脱可能。

・・・実は、こういう思いつきも過去の「人間向け」針師時代の経験からだったりするのですよね。
動きが制限される方に対していかに負担や痛みを少なく衣服を着脱させるかって工夫の日々でしたから。

針師だった頃の知識も意外にミニワン作りに役立っているんですよ(笑)
ミニワンの肉付けをしていく時も羊毛の繊維を筋繊維に見立てて肉付けしていくのですけど、これが結構リアルな動きを出すのに都合が良かったりします。

筋肉の起始停止とか、半べそで暗記させられたものですけど・・・ああいうのも無駄じゃ無かったなぁ・・・まさかこんな風に役立つとは。まさか教えてくれた先生達も自分達が教えたことがこんな風に使われるとは思っていなかっただろうなぁ(苦笑)先生方、スミマセン。

ま、とりあえずはノースリーブだったらミニワンにべべを着せることが出来ることになったので、またもう少しミニワン作りの幅が広がったような気がします♪

Comments

nauさんの知識、四十肩の時にお聞きすればよかった~
ホントに服を着るのが一番恐怖でしたから。
ミニワンもどんどんいろんなことにチャレンジされて、グレードどんどん上がってきますね^^
それにしても、ミニワンと対話しているいねちゃん、大人ですね^^

  • [2009/09/03 00:27]
  • URL |
  • とびママ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ダルメシアン、見るからに作るのが大変そう!
でも苦労の甲斐あって、きれいなダルちゃんに仕上がりましたね。
ベストを着ると、なんだか貴族っぽいし。
ところで「コール天」ってナニ?(笑)

v-286とびママさま

懐かしい・・・四十肩・・・。
一番苦手でした・・・きゃーー(汗)
いやもう本当に私腕が悪い鍼灸師だったんですよぅv-356

骨格・筋肉・ツボの名前・生理学云々について・・・とかその「健康」な状態までの勉強までは何とかなったのですが、こと「治療」になるとからきしだめで(涙)

いねも最近ミニワンに慣れてきたみたいで(^^
出来上がって「いねよ、一緒に写真を撮るのだ」というとソファーでスタンバってくれます。

この変妙に素直♪

v-286takさま

・・・コール天を御存じない?!

な、な、な、なんということでしょう!

コール天↓

コール天とは、コーデュロイの別名で、縦畝(たてうね)のある綿ビロードの一種の生地をさす。


えー、使いませんか?コール天って・・・。私はコーデュロイの「デュ」の部分が発音し辛いので今だにコール天と言ってしまいます。

ダルメシアンはもう本当に数時間、毛抜きとの格闘でした・・・
ま、それだけに出来た時に感動はひとしおなのですけど♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1280-2659e788

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。