スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り尽くしだった一週間 

明日夜、主殿が出張から帰ってきます。
いやぁ・・・今週は本当にどっぷり手作りに浸らせて頂いた一週間でした

基本的にいつもかなり自由にさせて貰っているのだけど・・・この一週間はもう本当に24時間どっぷり自分の好きなことをやり続け・・・(^^;
いやいや、ありがたやありがたや。
明日はバレンタインデーだし、チョコレートにプレゼントに肩たたき券でもつけてプレゼントしましょうかね
これでも一応・・・プロですので(笑)




昨日は新宿のハンズ&世界堂にぬぼーっと現れたわたくし。
こんなものをゲットしましたの。

極細

ペーパーパレットSSサイズと・・・超細い筆ですね。
0号っていう太さです。これがねー、結構高いんですよ、サイズだけでパカパカ選んでしまうと大変!!一本600円とかするのがあるんです!!
なので必死に安い筆を探しました。これは250円位の筆かな。
でも今迄使っていたのが100円ショップの筆だからイキナリ倍の高価な筆ですよ?

ちなみに今まで使っていたのはこの筆、しかも一本。

ボサボサ

・・・弘法筆を選ばずというけどさぁ・・・。
私のレベルでこの筆で上手く描こうなんてミニチュア、なめてました!ナマイキ過ぎです

あとは薄いアクリル板と和紙と・・・後こまごま面白そうな素材を・・・。
さっそく和紙を使って箱を作ってみました。

箱、萌え

箱は手作りしちゃった方がいいですねー。大きさがきっちり合わせられます♪
うーん、こうやって箱がいっぱいあるのを見るのも結構萌えだわ。

ちなみにお約束ですよね(笑)

さらに萌え

ダレですか?

「nauさん・・・この紙の柄のセンス・・・」といった人わーーーー?!

こ、これだと直線にきっちり合わせられるから箱作り初心者にはとてもありがたいんですよぅーーー!! (私が異常にチェック柄を利用するのと同じ理由だ)

さて。で、この小箱たちの蓋をどうするかですが。

蓋を作るのってまた面倒だし・・・中身も見えない、ということで・・・

こんなのを。

すべてつくる

薄いアクリル板はこれに使ったのです。

記念すべき第一回目の昭和サンドイッチを入れた小箱の作りがとてもよかったのでそれを参考に・・・。
こうした一つ一つが改良のヒントになっていくのは本当に有難いと思います。
これだと蓋としての役割はもちろんのこと、このままこうして飾って中身もみられますよね。

いい感じ

前のエントリーで食器作りは「磨き」作業と書きましたが・・・。
「磨き」を意識した途端、食器の精度が上がった気がします(^^
(あ、また自信満々なことを書きおって、このオカン)

おままごとですね、まさに

焼く前、気持ち大きめに作っておいて、磨きで成型する感じですかねー。
いやー、結構はまりますわ、この作業。

ちなみに一番最初に作った湯呑はこんなですので、大分進歩しました。
一番最初のはオーブン粘土じゃなくてレジックスを使ったのですが・・・
いまいち陶器の感じが出ないんですよ。
やっぱり食器はオーブン粘土が一番いい質感を出してくれる気がします。




この一週間で基本的なところをかなり集中して取り組めたので、明日からはまたのんびりペースでちまちまと作っていこうと思います♪

いやーしかしこんなにはまるとは!!

今年、私、どうなっちゃうんでしょ(苦笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。