スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見送ってきました。いねも頑張ってくれました。 

昨日、ポーを見送ってまいりました。

昨日、実家に帰って、ポーを見た時、余りにも穏やかな寝顔で。
なんだか死んでいるなんて感じられず。

ちょっと振り返るとスースーと寝息が聞こえてくるようなそんな感じでした。

いねも連れていったのですが、いねは不思議そうにポーの周りをフンフンとしながら歩いていて。
慣れないお線香の香りが気になっているようでした。




先の事件のこともありますし、火葬に関しては色々不安があったのですが、数か月前に先に逝ったお友達ワンコがお世話になった業者さんがとてもよかったというのでお願いすることにしました。

有難いことに迎えに来て下さった方がいねをみて「もしよかったらこの子も一緒にお見送りしてあげて下さいねー」と仰って下さって。

私達と一緒にポーを見送るのに立ち会えました。

実は余りにもポーの寝顔が穏やかで、私は何枚も写真を撮ってしまったのですが、さすがにそのアップは控えましょう(汗)

ただ・・・ポーとの最後の時はこんな感じで・・・。

1005213.jpg

いねも「ばぁば、さよならですのー」と言う感じで・・・。

両親も何度も何度も「ありがとね」「よく頑張ったね」と繰り返して。
私が作った小さなお花と、最後はポーが食べることが出来なかったフードも沢山添えて、何度も何度も撫でさせて頂いて。さようならしました。

焼いてもらった後はお骨も一本一本拾って、骨壺に納めて・・・

そんな儀式を一つ一つこなしていくうちに、少しずつですがポーが死んだことを実感出来てきたような・・・気がするかな。




昨夜は、さすがに両親だけにするのは忍びないのでいねも一緒に泊まってきました。
いねがいてくれて良かったです。多分私だけだったらしんみりしちゃったと思います。
でもさすがに・・・夕食の時までは何となくしんみりしていて。言葉少なで・・・

そうしたらね、湿っぽいことが大嫌いないね(←漆原教授か!)ってば・・・

やらかしてくれましたわよ。

わたくしが夕食の後、お皿を片づけようとお膳から立ち上がって歩きだした瞬間!!

1005215.jpg

ちょ・・・な、なに?!と足元を見ましたら・・・

1005216.jpg

いねのうんちょす、素足でモロ踏みッ!!

まじですかい?!

もうね、普段だったらちゃんとシートで出来るはずなのに!!
しかも普段だったら強烈なかほりで、部屋の隅っこにあってもすぐに「むむ!」と分かるはずなのに、昨日に限って超・無臭!!そして私の歩行ルートドンピシャリでするかー?!フツー!?

1005217.jpg
「おーのーれーいーねー!!許さん!!」

・・・と足を洗っていねを追っかけまわす私と尻をフリフリ逃げるいね。
そんな私達を見て思わず両親も大爆笑・・・。

1005212.jpg
「アタクシなりに色々考えているのですのよぉ・・・」

「私にお尻ぺんぺんされ、落ち込むいねの図」

・・・いねはいねなりに私達の気持ちを明るくしようと一生懸命だったようです。

1005211.jpg
「皆が湿っぽいとばぁばが心配なさるわよ!」

まぁ・・・もう少ししんみりしていたいんだけど。




もう覚悟はしていたし、絶対に迎える日ですから・・・。

哀しくは無いんですよ。本当に。

ただ、途方も無く、寂しい。

もう家に帰ってもあの脱力感溢れる出迎えはもう無いんだと思うと、たまらなく寂しい。

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポーちゃん頑張りましたね。
穏やかな表情で大往生だったんですね。
みんなに見送ってもらって、ポーちゃんも『ありがとう』って
言ってたんだろうなぁ。

私も実家のパグが天国に行った時、
悲しいのに、どこか現実の出来事じゃないような
変な感じだったのを思い出しました。

でもホントこんな時、いねちゃんの明るさに救われますね(笑)
いねちゃんは優しい子だなぁ。

ポーちゃん

nau様
「会えないことが寂しい」という気持ち。
いくら心の中に住まわせていても、簡単には越えられませんね。

  • [2010/05/24 00:07]
  • URL |
  • かおりん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

今、仕事中なのですが、涙がどばぁーっとでてきて止まりません。
なんだかね、ポーちゃんの、「後はまかせた!」の声が聞こえたんじゃないかという、いねちゃんのおそそう
本当に不思議ですね。

お疲れ様でした。
ポーちゃん、今頃天国で見守ってくれているのですね。
哀しいんじゃなくて寂しい・・・・
なにかしら思えるような気がします。ボーちゃん、いねちゃん共に感謝ですね。

  • [2010/05/25 12:59]
  • URL |
  • とびママ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

v-286RUUさま

そうなんですよ、割と電話を受けた直後は「ああ、ポー、逝ったんだね」という感じだったのですが、時間がたつごとにそれが現実のものと思えないというか・・・変な感じが出てきてしまって。

少しだけカプセルに分骨してもらったんです。
それと写真とポーの遺毛に朝晩お水をお供えしているのですが・・・そんなことをしているのが嘘みたいと言うか、「何してんの?こんなことしちゃって」ともう一人の自分が言っているような・・・変な感じなんですよねぇ・・・。

本当にいねの底抜けの明るさにはどれほど救われたことか。

・・・ああ、でも愛しすぎるのが怖いです。

v-286かおりんさま

会えないんですよねぇ・・・。
今までもたまに帰る時しか会わなくて。生活に密着していた訳ではないのに。

もういないんだ、ってちゃんと自分に言い聞かせないとダメなんですけどねぇ・・・。

v-286renekoさま

まるで計算したかのような位置でのお粗相!
あれにはもう本当にびっくりさせられましたよ。

犬って、こちらが思う以上に色々分かっているんですね。

そんないねに心配かけないようにしないとですね。

v-286とびママさま

本当にポーにもいねにも感謝の気持ちで一杯です。

沢山沢山あたたかいものを貰っていますよね。

でも最後の最後にとてつもなく大きな試練を貰うのですが(涙)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/1504-d4e9841a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。