スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お口パカッ」 

いねが通うしつけ教室ではとにかく犬の体を何処でも触れるようにして置いて下さいということでした。


一番初めセミナーを受けた時も、先生の愛犬は体中、何処を触られてもウットリと先生を見上げていました。すごい!


なのでいねも家に来た当時からとにかく触る、何処でも触る!!を続けておりました。

お陰で肉球もその間も、お尻もお耳も触れますが、やはり甘噛みの時期もあって口の中はナカナカじっくり触れませんでした。


でもやっとここ数日「お口パカッ」というとパカッと開けてくれるように・・・。
道端で石ころ等を口に入れてしまっても「お口パカッ」と言いながら口に指を添えると「アーン」と開けてくれるので口から出せます。


まだ指で補助?しないと開けないのですが、いづれはコマンドだけで開けてくれるようになって欲しいですねぇ。


それにしても口を開けて歯を見てみると本当にちっちゃな歯!!
米粒よりもちっちゃいんですもの・・・。
乳歯が抜けたら絶対にとっておきたいものです。


ちなみにお口パカッ訓練は極めて単純な方法。


パターン1が
最初は開けないので「お口パカッ」と言いながら口に指を入れ全開させる。
すかさず柔らかくて小さいオヤツ(飲み込んじゃっても大丈夫な位ちっちゃくしてあるもの)を舌の上に乗せる。


これはいずれ薬を飲ませることになった時を想定した練習。


パターン2が
「お口パカッ」と言いながら口を全開させ、口の中を触る。
マズルをめくったりして歯茎も触る。


これは歯磨きの為の訓練。


最初は本当に嫌がって、私の手もヨダレでべトべトになってしまう位でしたが、段々ですができる様になるもんです。
トイレもそうでしたけど、続けていくことが大事なんだなーと最近やっと実感出来る様になりました。
そして続けていくと絶対に出来る日が来るんだと言うことも、本当に実感です。


こうなってくるとしつけが楽しくなってきます
すこーし先が明るく見えてきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ブログランキング参加中※
応援クリックお願いしま?す♪




にほんブログ村 犬ブログへ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/154-ba235e15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。