スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いねとの別れの日? 

今日からいねと私からのありがとう企画と称したプレゼント企画をばスタートさせてみました。

是非皆様のご応募をお待ちしております♪




今日の夕方の散歩はたっぷり一時間、歩いてきました。
6時過ぎると大分涼しく感じるようになりましたし・・・ちょっと張り切って歩き込む私。

いねも楽しそうに歩いていたのですが、30分ほど歩いたころでしょうか、ちょっと「ケホッ」「ケホッ」とせき込み始めたのです。

いねはたまに逆くしゃみをするし、たまに葉っぱか何かを食べちゃって、ケホケホすることもあるのでそんなに気にすることもなくそのまま歩いて帰ってきたのですが・・・

帰宅後、母から珍しく電話などがあり、それに出て10分位話しているうちにいねがまた咳きこみ始めたのです。

で、ほんの少しですが白い泡状の吐しゃ物を吐き出しました。

「ちょ、ちょっと!!いねが吐いた!!切るね!!」

と電話をぶち切り、いねのそばに行きましたらまた立て続けにほんの少しずつですが白い泡状のものをペッペッと吐くのです。

私の頭の中に

「散歩中の犬が毒物を仕込まれた食べ物を口にし、白い泡を吐いて死亡」

という活字が浮き上がりました。

ぐったり(←しているように見えた、この時は)しているいねの背中を撫でながら携帯でいつもの病院へ電話・・・あいにく今日は水曜で定休日のうえ、今はお盆休みかもしれませんが、留守電のメッセージの中に夜間救急病院の番号が吹き込まれているのです。

そのメッセージの番号をメモし、すぐに番号からネットで病院の位置を確認しつつそちらに電話しました。

もう動揺しまくりだったのですが、とにかく冷静にならなきゃ、と思いながら最初に出た女性の質問に答えました。

この時点で結構細かい問診を受けた感じです。
で、その後「先生に変わりますね」と交替・・・

今度の先生は散歩の時間、嘔吐し始めた時間、嘔吐物の内容、色、量、回数、現在の様子など更に詳しい状況を落ち着いた声で聞いてこられました。

結局この時点でいねは嘔吐もおさまり、キョトンとした顔で私を見上げている状態になっていました。
それを告げるつつも「あの・・・まさか毒物を口にしてしまったということは無いでしょうか?」と聞きましたら、

「今落ち着いているようでしたら毒物の可能性は少ないと思いますよ。ご心配でしたらこれから来ていただいて、血液検査などをすればある程度は判断出来ますが・・・でも今で、嘔吐が止まって、落ち着いているようですし、一晩様子を見ては如何でしょうか?」

と仰いました。・・・確かに10分位会話している間にすっかりいつものいねに戻っている感じ・・・。

結局、とにかく一晩様子を見ることにしたのですが、実はもうすっかり元気を取り戻してくれているみたいです。
「ちょっと吐いたようですので、今晩のご飯は控えめにしてくださいね」と指示されたのでご飯少なめにしたのを恨むかのように私にまとわりついてきています(苦笑)

・・・ああ、よかった・・・・!!!

それにしても・・・

今回初めて救急病院に電話したのですが、本当に丁寧な対応と問診をして頂けて感激しました。
今にして思うと、私の名前、聞かれなかったんです。
こう言ってはなんですけど、強引に来院させれば今日の内容の問診だけでだって初診料と問診料がとれる訳でしょう?
でも電話で、全く無料で、相談に乗ってくれたってことで・・・。
もうなんだかありがたいやら申し訳ないやら・・・。

そして最後に「もし又何か変わったことがあったら深夜3時まで受け付けますのでまたご連絡くださいね」と仰って下さって・・・。
ああ、なんか頼りになるなぁ・・・と本当にうれしく思いました。

私はおまぬけ人生まっしぐらだけど、医療に関してだけは自分にしろいねにしろ、先生に恵まれているなぁ・・・と泣けてきましたよ。
いねの落ち着いた様子を見て安心したのと、この嬉しさで急にぼろぼろと泣き始めてしまった私・・・

そしたらいねがいつものように
「ママン!!ママン!!何を泣いているんですの?!アタクシがついているじゃありませんの!!」
としがみついてきたのですが・・・

もー!!今回はお前のせいなんだよッ!!(苦笑)

心配掛けるなー!!!・・・って、言いたい所ですけど。
でも本当に何だったのだろう?
散歩中変なものを口にした形跡は無いし、拾い食いもほとんどしないのですけど、でもミッチリと見張っている訳じゃないですから、もしかしてほんの少しの瞬間に何かを口にしてしまう可能性は無きにしにあらずです。

それを思うと本当にぞっとすると共に反省の嵐・・・。

これからはいねの散歩の時はボーっとしないようにしないと!!
今回はこういう結果でしたけど、万が一毒物を口にしたりしていねが急にいなくなってしまったら、私、悔やんでも悔やみきれず絶対におかしくなってしまいます・・・・

ママン、お疲れ?
(すっかりいつもの様子に戻ったいね。耳が折れているのにも気づかない)

今日この一件でまた改めて思ったのですが。


・・・いねが犬である以上、絶対にあと10数年でお別れの日が来る訳ですよね。

それはいつもしっかり理解しているつもりなんですけど・・・
だめですねぇ・・・今日も、もしかして・・・と思ったら手が冷たくなってしまって震えました。

今の私にとっていねは本当に家族の一人で。
いつも振り向くといねの笑顔のある生活にすっかり慣れてしまって・・・。

これで、いねが居なくなってしまったら、私、どうなってしまうんだろうってウンザリしてしまいました。

いつもいつも「いねをきちんと看取ってあげるのが私の務め!」なんてクールに構えているつもりなのですけど・・・。

ああ、本当にどうしょう、こんなにいねに精神的に支えられてしまっているんだ、私って・・・。

所詮犬なんだからそこまで依存しないである程度精神的な距離を置くべき!と割り切れればいいのかもしれないんですけど・・・。

でも逆に20年、一緒にいられないんだから、一緒にいられる間は存分に愛情を注ぐべき!とも思うし・・・。

・・・私は間違いなく後者(TT;

みなさんはワンとの距離感、依存度、どういう風にとっているのかしらん?




・・・いねさ、ホント、ゆっくり年取ってくれよな、頼むからさ。

Comments

大変でしたね。
私、のん気にプレゼント企画へのコメした後に、この記事に気付いて、読んでてちょっと泣きました。

けどね、思うんですよね。一緒に年を重ねて、ワンコがちょっとずつ老いていくのを見守りながら、散歩に行ったり、楽しい事を一緒にしたりするのと、(今回は違ったみたいですが、)突発的な事故って、決定的に違いますよ。
昨年の暮れ、実家の柴ワンコが16歳の大往生を迎えたんですけど、家族みんな悲しかったけれど、どこか「お疲れ様。ありがとね」っていう感じもありました。覚悟っていうか、心の準備が違いますよね。
悲しいことに変わりはないですけれど・・。
柴ワンは、晩年はヘルニアで立てなくなったり、痴呆で夜間に徘徊をしたりしていました。けれど、効かなくなった鼻で、飼い主を感じて、しっぽをフリフリしていました。体中、痛いし、しんどかったと思います。そんなけなげな姿に、「もう、いいんだよ」とも思いました。
いねちゃんには、ゆっくり年をとって欲しいですね。私も、わさびに、ゆっくり年をとって欲しい。1日でも長く、一緒にいてね、と思います。
だから、事故だけは、防がないと!!と思いますよね。犬生を全うして欲しい。
けど、それはワンコと一緒に暮らしている人みんなの、永遠の希望のような気がします。
いねちゃん、なにもなくて良かったですね。明日になったら、すっかり元気になってくれているかな?

おせっかいかもですが~(汗)

デンドンさんのところからお邪魔してます~。
いつも綺麗な写真やいねちゃんのコメントに癒されながら、読み逃げさせていただいています(汗)。

いねちゃんもnauさんも大変でしたね。いねちゃんがすぐに良くなられて良かったです。
それで、ちょっと、いねちゃんの症状に似た症状をウチのコもするので、もしかしたら…とおせっかいながらコメント入れさせていただいています。
吐かれたのが少量の’白いか黄白い泡’で、空腹時で、吐いたときはちょっと元気なくてもぐったりとまではならない…のなら’胃酸過多’ということもあるかと…。
よく見られるのは若い小型犬の空腹時だそうです。ウチの食いしん坊は、よく成ります(汗)。
’胃酸過多’をご存知だったり、いねちゃんは絶対違う!とかだったりしたらごめんなさい~。
どうかたわごとだと思って流してください。
これからも素敵なブログ、楽しみにしています!

白い泡状の吐瀉物・・胃液の可能性が高いですね。
胃酸の出すぎかな?と思います。
もし万が一毒性のものを口にしたとしたら10分か
そこらでアッサリと落ち着いた状態にはならないとかな・・。
何度も嘔吐を繰り返して急激に体力が落ち、
ぐったりしたら危険信号ですけど。
うちも下のコが吐くことが多いんですよ。
いろいろと検査もしましたがそういう体質のようで
今は落ち着いています。
今回は大事じゃなくてよかったですね。
緊急度が高い病気、事故のことを考えると
救急病院のことを調べて控えておけたのはよかったかも。
調べてみて改めて知った動物病院の診察時間の短さ・・
もちろん救急車もないので、通常の病院が診察外のときに
診てもらえる病院の場所を知っておくのは大切ですよね。

ワンコの生涯がヒトのそれよりずっと短いことは
頭では理解していますが心構えができているか?
と問われたら答えはNOだと思います。
ホントゆっくりゆっくりと歳をとってほしいと思いますよ・・。

大変でしたね。

でも何事もなくて良かったです。
近所のお友達の、やはりパピヨンちゃんですが、毒物らしきものをなめて、その日のうちに逝ってしまいました。あとでわかったことですが、その日はマンションの周りの植木に殺虫剤?消毒薬?をかけてたので、それではないかと・・・外では気をつけないと、とそのとき思いました。

我が家のクッキーはもう肺にもお腹にも水がたまって、一日中咳き込んでいます。もちろん薬は飲んでますが、苦しそうで。それでも一日でも長く一緒にいたいです。
いねちゃんの若さが羨ましい!

タイトルを見て心臓がドキドキしちゃいましたよ。
何事もなくてよかったです・・・
ウチの飛鳥も目にもとまらぬ拾い食いをやらかすので、安心できませんよ。
最近は故意に毒をまく人もいますからね。
ワンコとの距離、う~ん、ゼロcmかな?(笑)
いつか来る別れのことを考えないことはないですが、別れの悲しみ<楽しい時間ですから。
その時が来たら涙が枯れるまで泣いて、泣き止んだらまた前を向いて歩こう。
そんな風に思ってます。

あー良かった。何でもなくて。
タイトル見てびびりましたよ。心臓にわるっ!!

うちのも胃液とかよく吐きます。
お腹すいている時とか、食べた後暴れた時とか・・・。
最初はびっくりして病院に連れていったのですが、獣医さんに笑われてしまいました。
様子を見ると言う事も必要だと知ったルークねえです。
でもお散歩で何か口にしていたらそんな悠長な事言ってられないですよね。
私は休日大丈夫な獣医さんと、夜間大丈夫な獣医さんをおさえてあります。
幸いまだお世話になったことありませんが、犬は弱くデリケートな生き物なのでいつお世話になるかと心配です。
もう誤飲もいたずらもしなくなったけど、気をつけてあげないといけないですよね。

いねちゃん何ともなくて本当に良かったですー。

タイトル読んでビビりましたv-356
nauさんのビビりようは私くらいではなかったと思いますが。
何事もなくてよかったですね!
うちのハルもたまに白い泡状のものを少しだけ吐くことがあります。
初めてのときは獣医さんに駆け込みましたが
ワンコにはたまにあることなので心配いらないと言われました。
原因を忘れていたけどキラ主さんやひなコさんの言われるとおりでしたv-356
でもほんと、変なものを口にしないように気をつけなくちゃと思いました。

愛を注いだ分、愛しい想いを募らせた分、別れは悲しく辛いと思うけど
ワンコはたくさんの良い思い出を持って天国に行けるんですものね。
泣かないでさよなら言える自信はないけどペットレス症候群にはなりたいくないですね。

  • [2008/08/14 11:00]
  • URL |
  • デンドン
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

あー。。いねちゃんよくなってよかったですね。。
ハルも滅多に吐かないので、そういうことがあったらあわててしまいそうです。

そしてワンコとの距離感。。
私は全然取れていません。
愛情は募る一方だし、いなくなっちゃったらどうしよう・・って
本当にそう思います。

でも性格上、精神的距離をおくなんて絶対無理なので
毎日愛情こめてハルに接しているつもりです。

お別れのとき・・そんなとき、こないでくれ~って感じですねi-241

いねちゃん、大事に至らなくてよかったです!

うちのうららも、時々吐くことはあるのですが、
何度も…となると、心配しちゃいますよね。
きっと、私も慌てて緊急病院を探しちゃうと思います。

今回は大したことはなかったよう?なので、
そのように良心的な救急病院がある!と知ることができて、
本当に急病の時には心強いですね~。

ワンとの距離感…。
そうなんですよね~。
私も、20年一緒に居たい!
とか、ずっと言っておきながら、
もう、うららは3歳半で…。
ずっとべったりしていて…。
うららが虹の橋を渡る時、
「本当にこんな精神力で大丈夫なんだろうか…!?」
って、時々思います。

だけど、その時は、うららの為に乗り越えたい…、
乗り越えてみせる!って考えたいです。
…って、言うだけなら簡単なのですが…(苦笑)

ん~、でもやっぱ、そう簡単には立ち直れないだろうなぁ…。

私も、少しの間しか一緒に居られないのだから…
たくさん笑顔で居させてあげたいし、私も楽しい思い出が欲しい。
一緒にいられるのが当たり前…なんて、いつしか思ってたけど…。

悔いの残らない最期を迎えさせてあげられることが、
私がしなければならないことだし、
飼い主の責任なのかもしれませんね。
(もちろん、愛犬を病気にさせないことや、病気を見つけてあげることも…)

そして、その時が来てしまったら、それを受け止めることも。

いねちゃんにいつか、そんな日が訪れたら…。私もきっと、泣いちゃいますよ。
ココを見てるいねちゃんファンのみんなも、同じ気持ちだろうと思います。

ペットを飼うって、そういう宿命ですよね。
でも、飼い主に泣いて見送ってもらえた子達は、みんな幸せだと思いますよ☆

そう思って、今はワンコライフを楽しみたいです♪
長文失礼しました…これ書きながら、泣いてる私って…(苦笑)

  • [2008/08/14 19:30]
  • URL |
  • でぶでぶぅ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

今日やっぱり病院に行きました

皆様、ご心配&あたたかいお言葉&アドバイスありがとうございました。

昨夜やはり心配だったので一緒の部屋で寝ました。(いつもは別室でサークル内)
夜中はせき込む様子は無かったのですが、朝になってからまた少しケホケホしておりまして。

ここ一か月ちょっと診察を受けていないし、健康診断も兼ねてと思い、午前中に獣医さんに行ってきました。
(お盆休みなく診療して下さっているなんて、本当に頭が下がります)

結果、まあ毒物の可能性はほとんど無いけど、咳が続いているのは咽頭部に何かちょっと炎症があるかもしれないとのことで炎症を止めるお薬を処方して頂きました。

また、毒物であった場合、「ケホッケホッ、オェッ!!」という感じではくのでは無く、痙攣などを伴って泡などが湧き出すように噴出してくるそうです。

ただやはりこんな世の中なので、先生たちも預かっているワンコを散歩させる時は細心の注意を払うようにしているそうです。

本当にワンコとの距離感・・・どれくらい置けばいいのか、昨夜ちょっと悩んじゃいましたv-406
考えてどうこうなるものでもないのですけど・・・。

大切なものは増やしたくないですね(苦笑)
それが無くなった時、悲しすぎるから・・・

でも今更いねに対して距離を置くなんてやっぱり無理だという結論に至りました!!

後悔無いように愛しちゃいますよ!あたしや!!

(・・・と割り切って病院からいねを抱っこしつつ「よかったね~チビちゃん~v-343」と語りかけていたら隣を歩いていたおっさんにじろじろ見られました・笑)

ひとまとめ※返で申し訳ありません。

こんにちは(^^)
出遅れてしまいましたけど、
いねちゃん、とりあえず大事なくてよかったですね(^^)
お薬飲まなくてはいけないのはかわいそうだけど、少しの辛抱ね。

うちも↑の方のように、一度多分除草剤だと思うんだけど、
をまかれれた公園で知らずに遊ばせてて家に帰ってから、
嘔吐したことあります。
↑の知り合いの方のワンコがその日のうちに亡くなられたと読んで、
改めて嘔吐だけで済んでよかったと思いました。。。
あまり、きれいに手入れされてる公園は気をつけなければいけないと思いましたよ。
雑草だらけの方が安心です(笑)

ワンコとの距離感は、はっきり言ってゼロ(汗)
おうじろうにもしものことがあったら、、、、
なんて考えるだけで気を失いそうです(滝汗)
でも、鳥さん多頭飼い時代に愛情は分散されるということをちょっと学んだので、
おうじろうにもしものことが起きる前に新しいコをお迎えした方がいいかしらん、
なんてけっこう本気で考えてますけど(^^;

ペットロス症候群、間違いなくなる自信あします(-"-)

コメ返し不要ですよん(^^)

心配してましたが、一安心です。距離なんて、置かなくていいですよぅ。かわいいもんは、かわいい!それだけ。最期のとき、ありがとう、楽しかったね、また逢おうね!って、いえるように精一杯ヨシヨシしたいと、思ってます。まだまだ、暑い日が続くので体に気をつけてくださいね。ブログ楽しみにしてますよ。

  • [2008/08/15 10:36]
  • URL |
  • ははまめ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

そうですよねぇ・・・

※返し不要とありましたが(笑)

そうですよねぇ・・・大事なものは大事なものなんですから。

でも除草剤のお話、怖いですね。
小型犬って体が小さい分、ほんの少しの毒物でも命取りになってしまいそうですから、本当に怖いです。

もう外に出さずに箱入り娘として育てたい~!!・・・なんてね(苦笑)あほなことを考えちゃうダメな母です。

今日もいっぱい頭とお尻をヨシヨシしちゃいましたッ!!

nauさん、お久しぶり日です^^
しばらくブログをお休みしていました。今、楽しく上から読ませていただいていたところ、
こちらの日記に驚いて、そして安心しているところです。
あ~、無事で本当によかった!!


ワンコとの距離感、うちには全くありません。人間の子ども同然です><
いなくなったら、たぶん夫共々、うつ病になります・・・・。
かわいい姿を見て幸せだな~と感じるたびに、いなくなったらと恐怖も時々感じますが
一緒にいる今は、精一杯の愛情をそそいで幸せな時間をすごして欲しいです*^^*

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushome.blog63.fc2.com/tb.php/891-e8201e98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。