スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年に一度の機会です!パブリックコメント27日〆切 

止める止める詐欺状態でスミマセン~でも別に復活じゃないですから~大事なお知らせなんだもの~

今朝、お友達の花工房千さんからメールを頂き「あ!そういうものだったの?!」と焦って賛同、作成しメールにて送付を済ませました。

押し売り笑顔
「よっしゃーーー!!ですのよ!!」

今多くのブログで求められている「パブリックコメント」

・・・私はお馬鹿なので良く意味が分からず、また分かろうともせず、署名みたいなものかな?と思っていたのですが。

実はこれは5年に一度、私達の意見が法律に反映される実に貴重な機会なのだそうです!
8週未満の子犬子猫を親から引き離して販売することや、夜間に動物を販売することを規制することなどが実現されるかもしれません。

なんでも5年前、8週未満の子犬子猫販売に関しては改正されるはずだったそうなのですが、何と反対票(業者の組織票でしょうね)が9500票、賛成が200票で改正されなくなってしまったのだとか。

5年前と言えばこのいねブログをもう書いていた時期ですけど、私もこのパブリックコメントについては全く知りませんでした。今にして思うと本当に勿体無いことをしたものです。

危うく今回も勿体無いことになるところでしたが、千さんのお陰でなんとか1意見を投じることが出来ました!

まだ意見を投じていない皆さまもどうか少しの時間をわんこニャンコの為に使って上げて下さい!!




パブリックコメントの送り方

意見方法には郵送、FAX,メールがありますが、24日現在、〆切(27日)も迫っていますので念のため郵送よりはメール送付が良いと思います。

お役所に出す文書なので結構小難しそうで一瞬挫折しそうになったんですけど、世の中には賢く、かつお優しい方がいらっさるのであります!!

馬鹿丸出し
脳味噌が少ないっていやねぇ・・・


フォーマットに沿った美しい文書を作成した上、まるっとコピペして構いません、とアップして下さっているサイトがありました!!

私が参考にしたサイトは「ジュルのしっぽ」さんです。嗚呼、なんて素晴らしい方なのでしょう・・・!

↑お言葉に甘えてほぼまるっとコピペさせていただいちゃいました。だって折角送っても文書に不備があって無効になったら勿体ナイですもの~内容もそのまま同意出来るものでしたし~

元・衆議院議員藤野真紀子氏のブログも分かりやすいと思います。

また「ほぼ日イトイ新聞」ではこのパブリックコメントの主旨などを分かり易く書いてありますので、一度目を通すことをお勧めします!)

動物たちへの扱いが「まとも」な国になるために!

カモーン?な舌
「大丈夫。お馬鹿なママンでも書けましたのですから!!」

相変わらず一言余計。

被災わんこ・パブさんの預かりを終えて 

東日本大震災で被災したわんこ・パブさんの預かりが先週終わりました。

はーれたそらー・・・

・・・いや、やっぱり・・・そうですね、大変だった、かな。
とにかく「今私に出来ること」(←一時大流行でしたねーこのフレーズ)をやり尽くしたつもりの3ヶ月半ではありましたが・・・。

パブさんをお返しして2,3日はとにかくホケーっとしていた感じで。
数日前、気分を切り替えるべく一泊旅行に出たのですが、途中寄った「伊豆のへそ」でパブさんにそっくりなダックスを見てちょっとほろりとした気分になり。

かと言ってパブさんにもう一度会いたいかというと実はそういう気持ちという訳でもなく。

何かきっと変わっているはず、と信じていた3ヶ月半後が余りにも何も良い方に変化していなくて愕然として、途方もない空虚な気持ちに捕らわれてしまったり。

一週間たってもなんだかよく分からない気持ちのままのnauであったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パブさんを預かっていた間、とにかく色々思うことがあったのですが、沢山あり過ぎて上手くまとめることが出来ません。

ただ、今回預かったこの事情が事情だっただけに、ペットの災害時対応に関してはかなり真剣に考えるようになりました。

元々防災グッズマニアだったこともあって少なからず関心はありましたが・・・まさかいねの存命中にこうした事態が日本を襲うなんて・・・私も結局「自分は大丈夫」的な考えの持ち主だったに過ぎなかったようです。

災害時はどうしても環境の変化などによりペットも人間もかなりのストレスや負担を強いられることになります。

それを逃れるのはそうした状況下、なかなか難しいことなのは否めないと思います。
そこでそうした環境の変化等による状況下で極力わんこ達が感じるストレスを軽減させるように普段から準備をしておくことがとても大事なのではないかと思いました。

と言っても目新しい提案は無く、基本的な所でクレートトレーニングの徹底、どんなごはんでも食べられるようにしておくこと・・・でもこの二つをしっかりしておくと大分わんこ達に掛かるストレスが軽くなるのではなかな、と思ったり。

クレートトレーニング、すなわちクレートの中に居ることが犬にとって安心の状態であれば家以外の避難所で過ごすことになっても、少なくともクレートの中に居れば犬はいつもの安心感を得ることが出来ますよね。
布などをかぶせておけば犬の臭いもかなり抑えることが出来ると思いますし、トイレのコントロールもしやすくなります。

ペット同伴が可能な避難所が増えることはそれは切実な願いではありますけど、希望を言うだけではなく、犬連れ側の気遣いというのも同時にあってこそ実現するものだと思います。

成犬になってからのトレーニングは大変かもしれませんが、余りトレーニング!と力まずに最初は遊びの一環でオヤツをクレートの中に投げて、取りに入ってすぐ出てきてしまっても「合格!イイコ!」と言う位の感じからでいいと思います。
クレートという存在に慣れて置くだけでも全然違うと思うのですよね。

あと、何でも大体食べられるようにしておくのもとても大事なことかと。
(あ、勿論アレルギーとか療養食限定な子に関してはこの限りでは無いですが)

パブさんは歯が歯槽膿漏がとても酷く硬いものが全く食べられなかったので、カリカリフードをお湯でふやかして与えていたのですが、好き嫌いは全くなくいつもご機嫌で食べてくれていました。

ふやかす手間こそあれ、そんなに負担に思うこともなく、また手に入れやすいフードであったこともとても助かったことの一つでありました。

でもこれがもし「お肉とお野菜の割合は6対4で!お肉は●○産の鶏肉のササミを、野菜は□■の有機野菜を」・・・という嗜好のある子だったら・・・スイマセン、うちでは預かれませんでした。

まあ言葉で説明して直ぐに対応できることではないので難しいかと思いますが、それでもたまに違うフードを「まあこんな食べ物もあるんだよー、食ってみー」という程度でもいいから認識させておくことは重要じゃないかと思いました。

ただでさえ、過酷なストレスのある状況下でごはんまでいつもと全く違うごはん(しかも多分いつもよりは美味しくないご飯になる可能性が高いですよね)になってしまってはわんこにかかるストレスやショックは想像以上に大きいと思います。

・・・などと偉そうに書き連ねてしまいましたが。

常に最悪の状況下を想定して日常を暮らす、というのもまあ余り楽しいことではないので、こうした私の考えが100%正しいかと言ったら違うと思いますが、それでもこの3ヶ月半、実際にパブさんを見ていて思ったことですので大きく間違ってもいないかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえばこの前車の中で以前の流行唄「明日があるさ」という曲が流れました。

平和だった頃の象徴のような歌だな、と思いました。
今日の続きの明日が必ずある、ということが大前提だった頃の歌。

残念なことに今は今日と同じ明日が必ず来るとは言い切れない日本になってしまいました。

もしかしたら大変な状況になっているかもしれない明日に備えておくこと・・・そして明日が来なくて今日で終わりだったとしても悔いが無い位、一日一日を大事に過ごしていくこと。

大袈裟かもしれないけど、そういう風に考えることも必要なのではないかな・・・というのが最近おもうところであったりします。

最終日のパブさんといね

「ママン、もっと明るく考えましょうよ!」

・・・ま、そうなんだけどね。なかなか明るく切り替えられないのよね、アタシ。


皆さまはもう気持ちの切り替えが出来た頃でしょうか。

被災したわんこの一時預かりを始めました 

ははは、「止める止める詐欺」っぽい展開だぜ(苦笑)


・・・ご無沙汰しております。nau&いねでございます。
その後皆さまいかがお過ごしでしょうか?
我が家はなんとか無事元気に過ごしております。


・・・4人でな。  誰ですか「もしやお子さん?」なんて思った方は?ん?

・・・ハイ、実は今回の震災で被災された方のわんこを一時預かりさせて頂いております。

一時預かりは以前から関心はあったものの、責任あることですし踏ん切りがつかないままでいたのですが。

この未曽有の大災害・・・

「んなこと言っている場合じゃねーよ!!」

・・・と立ち上がった次第でございます。

震災後2週間した時に以前から馴染みの合った東京ARKさんに登録をして待機しておりまして。で、先週連絡を頂き、週末から預かりを開始した次第ですの。


・・・正直、東京に住まう自分たちとて明日をも知れぬ昨今ではあるのですが。
それで更によそ様のわんこまで完璧に守りきれるかと言ったら躊躇する思いは今だあるのですが。

それでもテレビに映し出される被災地の状況・・・また日本のテレビでは絶対に映し出されない海外メディアが報じるむご過ぎる状況の前に「自分たちだって大変なんだし」という言葉を発することは出来ませんでした。

ニューヨークタイムズによる写真ライブラリ
(ご注意・幾つか惨い画像があります。とはいえこれが現実に近いのでしょう)


避難所のペット、飼い主負い目 物置に隔離「同伴可」わずか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000090-san-soci


<福島第1原発>20キロ圏、ペットにも命 保護活動活発化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000036-mai-soci

↑コチラの記事、今回お世話して頂いたARKさんの活動が報告されています。

こうしたスタッフの方達の活動に比べたらもう本当に小さな小さな手伝いだけど。

センスも知識もない私はこうした時に人を「ほっこり」させたり「癒したり」するような素敵ポエムやイラストなどをアップすることも出来ませんし、にわか専門家的に原発や放射線物質についての為になる分析や見解を披露することも出来ません。

本当に糞の役にも立たない無駄な存在で申し訳なくお恥ずかしい限り。
まあ無駄な存在なわたくしではありますが、無駄人間は無駄人間なりに何かしていきたい訳で。
なのでこうして実働的に動いていくことでせめて「今私に出来ること」をやっていけたら・・・と思っています。
・・・それ位認めて頂けますかしら?

てことで、実働よ、わんこのうんちとチッコを拭う日々よ(笑)




もう一つのブログでちょっとわんこについて書いているのですが、今回「預かり日記」の記録を付けて行く意味でアメブロで全く新しいブログを作りました。

↑ちょっとセレブっぽいかなと、ミーハー丸出しで選びましたの。
でも別にセレブっぽい感じのブログにならないのは何故なのかしら?

相変わらずビター
「ママン、虚しい質問はなさらない方がよろしくてよ」

やまとなでしこ[東日本わんこ・一時預かり日記編]

最初はわんこと離れて心配しているであろう飼い主さんへの報告書のつもりで記録していたものですが、記録を読むことで一時預かりに関心を持って貰える可能性も無きにしにあらずかな、と思いましたので・・・。
一度こちらでご報告させて頂くことにしました。

もしよろしければ読んで下さい。

ブログ終了後もご訪問して下さっている方達がいらっしゃることに、わたくし、本当に感激しております。
ありがとうございます。
本当に嬉しいです。 ←わたくしは怨みも忘れない女ですが恩はもっと忘れません!

これからの復興を信じて。
沢山のわんこ達と飼い主さん達の再会の日を願って。

私達が頑張っていきましょう!


「プロジェクト・ワン」貢献者たち 

11月1日から一か月間、チャリティーギャラリーを開かせて頂いておりました。

30日、無事に一区切りつきまして。
ありがたいことに寄付金を募ることが出来ました!

早速ARKさんに御連絡&お振込をさせて頂きました。
ミニワンズ、少しでも貢献出来たかな。

ARK.jpg

↑御報告?↑

お礼を言っている顔ではありませんな
「皆様ありがとうございましたですのよ」

これから、というか来年はもう少しミニワン作りを頑張ろうかな、と考えておりまして。
んで、やっぱりその際の売上の一部はこうした形で寄付に回せたらなー等と予定しています。本当は直接お手伝いとかが出来るのが一番なのでしょうけど(後は里親さんになる!かな)、ちょっと今の体力&住宅事情では厳しいものがあるので。

当面はこうした感じで微力ながら力になれたらなーと・・・。

そんな風に考えております。

去年は本当に助けられるばかりの一年だったので・・・。
ちょっとは進歩した・・・かな?!




今年はなんか、自分的には凄く飛躍の年だった感じがあるかも。

念願だった仏検3級も合格出来たし、まさかまさかの巴里旅行も実現したし!
そしてまさかまさかまさかのプチ展覧会、2回開催・・・!!

去年、本当にどん底?っていう気持ちになっていた時期がありましたが、やっぱり夜明けの前が一番暗い、というのは本当なのかもしれません。

来年も・・・ってまだちょっと早いかもしれませんけど。
まあいいや、来年も引き続きとにかく努力精進を心掛けて頑張っていきたいと思います!

お疲れ様!
    ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました

チャリティギャラリー開催 

もう今日で10月も終わり・・・明日から11月。
今度こそ「今年もあと2か月!」ですね(笑)

さて、なんだか決定から開催まで凄く短期間だったのですが今日から11月の一ヶ月間、いねがお世話になっている某所のご厚意でミニワンチャリティーギャラリーを開催させて頂きます。

本日セッティングさせて頂きました。

この2匹に代表を務めて頂きます!

最近ちょっと暑いのですけど 秋らしく、ちょっと温かみがあって、可愛い感じに・・・。

勿論先日のミニ銀杏の葉っぱも活用しました。これが赤いマットに結構綺麗に映えるんですよ(自画自賛)

そろそろクリスマス装飾を意識してしまってもいいのかもしれませんけど・・・何しろここはお江戸下町(^^;
12月初旬には「謹賀新年」の提灯がぶらぶらする町ですから!!
(いやもう本当にうちの近くの商店街はかたくなにクリスマス装飾に背を向けているのです!)
あえてクリスマステイストは避けました。ハハハ

前回の展示会の時は私はミニワンを作ってお送りするだけでセッティングや置き方なんかはもう全部渓山荘さんにお任せで・・・とても素敵に飾って頂いて・・・とてもラッキーだったんだなーと改めて感謝の気持ちに浸りました。今さらながらですが本当にありがとうございます!!

でもなんか一人で大騒ぎしておいて全然売れなかったらどうしよう・・・という不安もあってもうこの数日頭がグラグラなわたくしであります。はぁ?・・・

そんな訳で今日は設置の後こんな素敵で愛らしい?行事に参加したのですが・・・

はあとの・・・
「アタクシの胸毛とおなじ形ですわー」

・・・うむ、確かにいねの胸毛はハート型

ちょっと疲れちゃったのでラヴな?行事については次エントリーで・・・

「本当にラヴなのですの?!」

・・・た、たぶん  もう一つのブログを読んで下さっている方は「もしや?」と想像がつくかも(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。